Original Application オリジナルアプリについて

ANSHI Touchにはあらかじめ3つのソフトがインストールされています ANSHI Touch has Three software programs are installed in advance.

Note デジタルホワイトボードソフト

Note

  • ホワイトボード機能

    専用ペンや指によるテキストやイラストの
    書き込みだけでなく、デジタルだからこその
    特徴的な機能があります。

    従来のホワイトボードに近い書き心地で、ペンの種類や色、太さなどを簡単に切り替えられます。
    デジタルならではの機能として、手書きの文字を電子テキストに変換したり、様々な図形の描画や画像の貼り付けなども行えます。
    また、ホワイトボードに書き込んだ内容をPDFや画像データとして保存することもでき、過去の会議で使用したホワイトボードのデータを再び使用したり、議事録としてそのまま使用したりできます。
    もちろん、そのまま印刷してもらう事も可能です。

    紹介動画はこちら

  • デスクトップモード

    Windows上で表示させた
    あらゆるものに書き込みが可能です

    デスクトップモードを使えば、ディスプレイ画面をWindowsに切り替え、あらゆる画面に書き込む事ができます。
    よって、CADソフトやホームページ、ワード・エクセルにも書き込む事が可能です。 書き込んだ内容は、スクリーンショットとして画像を切り出し、ホワイトボードに貼り付ける事も可能です。

    紹介動画はこちら

  • 調べたい事ができたら、
    すぐネットで検索

    インターネットによる検索機能もありますので、
    調べたい事はその場ですぐに検索する事が可能です。
    調べた画像を、ホワイトボード上に貼り付ける事も可能です。

  • ページ数は最大99ページ

    ページ数は最大99ページまで増やす事が可能です。
    書ききれなくなった時や、内容によりページを変えたい時、
    記入者によってページを変えたい時などに活用いただけます。

ScreenSharePro ワイヤレス画面共有ソフト

ScreenSharePro

ワイヤレス接続

PCやタブレット、スマートホンの画面を、
AnshiTouchにワイヤレスで表示させる

配線の必要がないため、接続・切断が容易で、スピーディな会議・意見交換を行うことが可能です。

紹介動画はこちら

  • 最大4台まで表示可能

    最大4台までの端末画面を表示させる事が可能です。
    複数の端末の資料を一度に表示させたいと時や、
    成果物の比較をする時などに有効です。

  • 表示させた画面に直接書き込む

    表示させた画面にペンツールを使い直接書き込むことができます。 書き込んだ内容はスクリーンショットとして保存ができますので、内容を後から見返したりする時に有効です。

  • 会議が画期的に変わる!

    Two way Interactive

    ANSHI TOUCH側からもPCの操作ができる ANSHI TOUCH側からも接触したPCの操作ができることにより、広い会議室などで使用する際にANSHI TOUCHとPC間を移動する必要がなくなります。 より効率的でリアルタイムな会議が可能です。
    ※OSのバージョンにより、対応できない場合がございます。

Connect インタラクティブソフト

Connect

iOSやAndroidのモバイル端末(スマホやタブレット)とANSHITouchをワイヤレスで接続し、双方向からペンツールを使ってお互いの画面に書き込む等の操作ができます(インタラクティブ機能)。また、モバイル端末を使い、AnshiTouchをリモート操作する事も可能で、プレゼンの際にとても有効なソフトウェアです。

対応デバイス
iPhone・iPad, Androidスマホ・ タブレット

紹介動画はこちら

  • 画像ファイルアップロード

    モバイル端末でその場で撮影した写真や保存されている画像ファイルをAnshiTouchに送信し、AnshiTouchの画面に表示させる事ができます。その画像ファイルに対し、ペンツールを使い、相互間に書き込む事も可能です。

  • インタラクティブな画面共有

    モバイル端末の画面をAnshi Touchへ共有する(映し出す)のはもちろん、Anshi Touchの画面をモバイル端末に映す事も可能です。また、ペンツールを使えば、相互間で書き込む事も可能です。

  • Touch Pad機能

    Touch Pad機能を使えば、スマホをAnshi Touchのマウスとして使う事が可能になります。(リモート操作)それにより、離れた場所からAnshiTouchを操作する事が可能となり、大きな会議室でのプレゼン等にとても有効です。

TV meeting Web・TV会議について

拠点間のコミュニケーションを活発に

Web・テレビ会議を使えば離れた場所同士でもカメラやマイクを使用し、実際に顔を合わせているかのように、会議やミーティングができます。映像だけでなく、音声や資料のやり取りもできますので、交通費のコスト削減や複数拠点での定例会議などの場面で役立ちます。

AnshiTouchでは、Windows10で動作する
あらゆるWEB会議ソフトを使用することができます。

AnshiTouchでは標準のWEB会議システムはありません。
各企業様の業態や規模により、利用方法や用途に違いがありますので、各企業様の目的にあったソフトを使って欲しいという想いからです。
AnshiTouchではWindouws10が搭載されていますので、各企業様に合ったソフトをインストールして頂ければと思います。

  • zoom

    高画質・高音質が特徴で、接続もとても安定しており、録画機能が充実しているのも魅力の一つです。
    また、URL発行型なので、参加者のアクセスもとても簡単です。

    https://zoom.us/

    check

  • Skype for business

    個人向けのSkypeに対して企業が必要とする機能を加えたものが「Skype for Business」です。
    「Skype for Business」は、Office 365の一部でもあるので、それらのアプリと連携ができます。
    また、セキュリティ面も優れているのも導入企業が多い理由の1つです。

    https://www.skype.com/ja/business/

    check